プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
ANA VISAプラチナ プレミアムカードの完全ガイド!審査に関する口コミも紹介
プラチナ・ブラック

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの完全ガイド!審査に関する口コミも紹介

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの年会費は88,000円と高額で、審査も厳しく持てる人が限られています。その分カードを保有することで得られるメリットはたくさんありますので、ここで詳しく解説していきます。

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」はANA VISAカードで最高ランクのカード!

ana_visa_platinum_premiumカード

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、ANA VISAカードの中でも最高ランクのカードです。ANAでもVISAでもプラチナ会員限定の充実したサービスを受けることができます。

基本情報を以下にまとめました。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード 基本情報
発行対象年齢 30歳以上
年会費 88,000円(税込)
国際ブランド VISAのみ

ANAの飛行機に乗れば、ボーナスマイルが50%ももらえますし、1,000円のショッピング利用で15マイル貯めることもできるので、効率良くANAマイルを貯めたい人におすすめです。

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」の大きな10個のメリット

free_飛行機

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの大きなメリットは以下の10個です。

  1. 入会、搭乗、継続でそれぞれボーナスマイルがもらえる
  2. カード利用1,000円あたり15マイル獲得できる
  3. ANAカードマイルプラス加盟店ではポイントとマイルが両方貯まる
  4. 楽天Edyのチャージや支払いでマイルが貯まる
  5. ANA国内空港ラウンジが無料で使える
  6. 家族全員も対象!プライオリティパスが無料で申し込める
  7. 付帯している保険が充実している
  8. 各種サービスが割引になる
  9. プラチナ・コンシェルジュデスクが24時間年中無休でいつでも利用できる
  10. 招待がなくても申し込みができる

順番に詳しく見ていきましょう。

①入会、搭乗、継続でそれぞれボーナスマイルがもらえる

free_紙幣

ANA VISAプラチナ プレミアムカードでは以下の3つの条件をクリアすればボーナスマイルをそれぞれで獲得することができます。

条件 獲得マイル
カードの発行 10,000マイル
ANAグループ便の搭乗 ボーナスマイル50%
カードの継続 10,000マイル

カードの発行で10,000マイルももらえますし、さらにカードを継続して持っているだけで10,000マイルもらうこともできます。またANAグループ便の搭乗で、区間基本マイルにプラスしてボーナスマイルが50%も付与されるのです。

ボーナスマイルは、「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%」で求められます。クラスや運賃倍率は、国内線か国際線か、どの路線か、運賃種別は何か、予約した席のクラスは何か、などで決まってきます。

これほどボーナスマイルが貯まりますので、飛行機に乗るときは、できるだけANAグループ便を積極的に使いたいですね。

②カード利用1,000円あたり15マイル獲得できる

free_クレジットカード

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、カード利用1,000円あたり15マイル獲得できます。

カード利用200円につき、Vポイントを1ポイント得ることができ、1ポイント=3マイルというレートで交換可能です。Vポイントからマイルへの移行手数料は無料ですし、ポイントの有効期限は4年と長いので、好きなタイミングで変えることができます。

ショッピングでも積極的に利用していけば、マイルがどんどん貯まりますよ。

③ANAカードマイルプラス加盟店ではポイントとマイルが両方貯まる

free_支払い

ANAカードマイルプラス加盟店ではVポイントとマイルの両方を貯めることができます。提携店舗であれば、100円につき1マイルもしくは、200円につき1マイルもらえるので、Vポイントと合わせると、1,000円あたり最大で25マイルももらえます。

提携店舗は、ANA公式ページのANAカードマイルプラス加盟店から確認してください。オンラインショップの場合は、ANAマイレージモールを利用するようにしましょう。ポイントが貯まる支払い方法なども加盟店ごとに変わってきますので、よく利用するお店は確認しておいてください。

またANAの航空券を買うときにANA VISAプラチナ プレミアムカードを利用すると、100円につき2マイル獲得できます。ANAの航空券を買う際は必ず利用するようにしましょう。

④楽天Edyのチャージや支払いでマイルが貯まる

free_電子決済

ANA VISAプラチナ プレミアムカードには楽天Edy機能がついていて、チャージや支払いで利用することでマイルが貯まります。チャージも支払いも200円につき1マイルが貯まりますので、1,000円チャージして、1,000円利用すれば、10マイル貯めることができます。

ANA VISA一般カードやANA VISAワイドカードでは、楽天Edy機能はついていますが、チャージではマイルは貯まりません。

とはいえ、カードでの利用の方がマイルは貯まりやすいです。カードに対応していないお店で、楽天Edyが使える店舗では利用を検討してもいいでしょう。

⑤ANA国内空港ラウンジが無料で使える

free_ラウンジ

ANA VISAプラチナ プレミアムカードを持っていると、全国にあるANA国内ラウンジを無料で利用することができます。利用できるラウンジは以下の通りです。

場所 ラウンジ名
羽田、新千歳、仙台、
小松、伊丹、関西、
岡山、広島、松山、
福岡、鹿児島、那覇空港
ANA LOUNGE
成田空港 ANA ARRIVAL LOUNGE
名古屋(中部)空港 セントレア エアライン ラウンジ
宮崎空港 ラウンジ大淀
熊本空港 ASO

利用できるのは本会員のみになりますが、食事やドリンクを楽しんだり、仕事の作業をしたりと快適に過ごすことができますよ。

⑥家族会員も対象!プライオリティパスが無料で申し込める

free_ラウンジ

ANA国内空港ラウンジだけではなく、プライオリティパスに無料で入会して、海外の空港VIPラウンジを利用することもできます。プライオリティパスで利用できるラウンジは、世界140ヵ国500都市1,300ヵ所以上にもなります。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードで無料で申し込めるプライオリティパスは、プレステージ会員といって最上級のクラスで、通常だと429米ドルの年会費が必要です。

本会員だけではなく、家族会員も無料で申し込めますので、家族のいる人はぜひ利用したいですよね。

⑦付帯している保険が充実している

free_保険

ANA VISAプラチナ プレミアムカードについてくる保険は非常に充実しているため、国内でも海外でも旅行に安心して行くことができます。

付帯してくる保険で補償してくれる内容は以下の通りです。

保険名 国内 海外
傷害保険 最高1億円 最高1億円
お買い物安心保険 最高500万円 最高500万円
航空機遅延保険 最高4万円 最高4万円

国内でも海外でもこれだけの補償内容が揃っているカードはなかなかありません。旅行に行くときに別途保険に入る必要はないでしょう。

⑧各種サービスが割引になる

free_visa

ANA VISAプラチナ プレミアムカードを所持しているだけで、各種サービスが割引で利用できるようになります。主なサービスと内容は以下の通りです。

サービス名 内容
プラチナホテルズ 対象のホテルで
優待料金で宿泊
部屋のアップグレード
プラチナグルメクーポン 対象のレストランで
1名分無料
Visaプラチナ
ラグジュアリーダイニング
5,000円相当の割引クーポン
宿泊予約サービス「Relux」 優待割引
プレミアムカーレンタル 15%割引

これ以外にも、割引になるサービスはたくさんありますので、どんどん活用していきたいですね。

⑨プラチナ・コンシェルジュデスクが24時間年中無休でいつでも利用できる

free_コンシェルジュ

ANA VISAプラチナ プレミアムカードを持っていると、プラチナコンシェルジュデスクが24時間年中無休で利用することができます。コンシェルジュは以下のようなサービスに対応してくれます。

  • 旅行計画のサポート、手配
  • 航空券やホテルの手配、予約
  • レストラン、コンサート、イベントの手配
  • ギフトの相談、手配
  • 緊急時の伝言、保管
  • 通訳サービス
  • 懇親会などの会場手配

ここに載せたのはあくまで一例ですので、何かコンシェルジュにお願いしたいことがあれば、一度電話をしてみるといいでしょう。

コンシェルジュのサービスを利用したくて、プラチナカードを持つ人もいるようです。それほど充実したサービスとも言えるでしょう。

⑩招待がなくても申し込みができる

free_申し込み

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、招待(インビテーション)がなくても申し込むことができます。「VISA Infiniteカード」や「ANAダイナースプレミアムカード」など、招待を受け取らないと申し込むことができないプレミアムカードもあります。

もちろん審査はあり、かなり厳しい基準ではあるので、全員が持てるわけではありません。ただ申し込みまではできるので、気になる人は積極的に申し込みをするといいでしょう。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード 公式サイト

arrow

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」が抱える2つのデメリット

free_クレジットカード

ANA VISAプラチナ プレミアムカードが抱えるデメリットは以下の2つです。

  1. 年会費が88,000円と高い
  2. 30歳以上しか申し込めず、審査基準も厳しい

それぞれ確認していきましょう。

①年会費が88,000円(税込)と高い

free_年会費

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、年会費が88,000円(税込)とかなり高額になります。ANAとVISAの充実した特典を受け取ることができますが、うまく活用できないと年会費分だけ損をしてしまう可能性もあるでしょう。

何もしなくても入会して10,000マイル、継続して10,000マイルは獲得できます。1マイル2円と換算すると、1年目の年会費は実質68,000円です。

それ以外のサービスで、年会費分が回収できるかどうか、自分の状況に照らし合わせて考えてみてください。

②30歳以上しか申し込めず、審査基準も厳しい

free_スマホを触る男性

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは30歳以上からしか申し込めず、審査基準も厳しいです。明確な審査基準が提示されていないので詳細はわかりません。ただある程度の収入を継続的に得ている必要があるようです。

ただし年齢に関しては、30歳以下の人でも通過する可能性もあると口コミがありました。

30歳以下でも申し込みたい人は、一度電話をしてみて、通過する可能性があるかどうか確認してみるといいでしょう。

三井住友カード プラチナ入会案内デスク
  • 0120-944-744

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」はこんな人におすすめ!

free_電子決済

ANA VISAプラチナ プレミアムカードがおすすめの人は以下のような人です。

  • 30歳以上でプレミアムカードを持ちたい人
  • ANAでもVISAでも特典を受けたい人
  • 2ヶ月に最低1回はANAを利用する人

30歳以上で、ある程度の収入が継続的にある人であれば審査に通る可能性は十分あります。ANAとVISA、両方で充実した特典を受けたい人におすすめです。

特にANAを2ヶ月に1回は最低でも利用するような人であれば、年会費以上の得をする可能性が高いです。フル活用してマイルを効率的に貯めていきましょう。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード 公式サイト

arrow

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」のよくある3つの質問

free_3枚のクレカ

ここでANA VISAプラチナ プレミアムカードについてよくある質問を3つまとめておきます。

  1. 「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」でETCカードも利用できる?
  2. 「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」の家族カードの年会費は?
  3. 「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」以外のANA VISAカードも同時に持てる?

1つずつ見ていきましょう。

Q1.「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」でETCカードも利用できる?

A. 無料で発行できます。

ETCスルーカードという別のカードを無料で発行することになります。ANA VISAプラチナ プレミアムカードに入会する際に同時に申し込んでください。

Q2.「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」の家族カードの年会費は?

A.4,400円(税込)です。

本会員と生計を一緒にしている配偶者、両親、子ども(18歳以上)であれば入会することができます。ANA VISAプラチナ プレミアムカードに入会する際に同時に申し込んでください。

Q3.「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」以外のANA VISAカードも同時に持てる?

A. 持てません。

別のANA VISAカードは持つことができません。ただし「VISA」以外の発行会社のANAカードなら持つことができます。複数枚ANAカードを持ちたい場合は、JCBやMasterCardで発行するようにしましょう。

他にも!ANA・VISAのプレミアムクレジットカード3選

free_カードでの支払い

ANA VISAプラチナ プレミアムカード以外でもANAやVISAのプレミアムの特典を受け取れるカードはあります。ここでは以下の3つ代表的なものを取り上げます。

  1. ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード
  2. ANA JCBカード プレミアム
  3. VISA Infiniteカード

順番に解説していきます。

①ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード

ana_visa_platinumu-sfc-premium

ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカードは、年会費はANA VISAプラチナ プレミアムカードと同じですが、受け取れる特典が変わります。獲得できる搭乗ボーナスマイルがアップしたり、継続ボーナスマイルにプラスして特別ボーナスマイルというものも受け取れます。

スーパーフライヤーズプレミアムカードを作る条件は、ANAグループの飛行機に搭乗することでもらえるプレミアムポイントを1年間で50,000ポイント貯めること。1年間のみプレミアムポイントは有効なので、年間でかなりの回数ANAの飛行機に乗らなければなりません。

プレミアムポイントについて詳しく知りたい人は「プレミアムポイントとは」をご確認ください。ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカードの発行を目指すは、まずはANA VISAプラチナ プレミアムカードをフル活用していきましょう。

②ANA JCBカード プレミアム

ANA JCBカード プレミアム

ANA JCBカードの最上位のプレミアムカードです。年会費は77,000円(税込)とANA VISAプラチナ プレミアムカードと比べると、1万円ほど安くなります。ANAグループの特典についてはほとんど一緒ですが、VISAの特典はJCBの特典に変わります。

一番大きな違いとしては、カード利用によって獲得できるマイルの値が変わってくることです。ANA VISAプラチナ プレミアムカードではカード利用1,000円あたり15マイルが獲得できますが、ANA JCBカード プレミアムは1,000円あたり13マイルです。

年会費が1万円安くなるので、どちらの方が自分にとってお得か考えた上で、選ぶといいでしょう。

③VISA Infiniteカード

visa_infiniteカード

VISAカードの中で最上位のクレジットカードです。招待(インビテーション)があった人のみが申し込みができます。

VISA Infinite会員専用のコンシェルジュサービスを利用できるほか、プライベートジェット、ヘリコプターのチャーター、クルーズのチャーターなどが割引されたり、島を1つ貸し切れたりします。

特典自体が高所得者向けのものばかりなので、特別な人しか持てないカードと考えていいでしょう。

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」はANAでもVISAでも充実した特典を受けたい人におすすめ

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、ANAでもVISAでも充実した特典を受けたい人におすすめのカードです。特にANAグループ便をよく利用する人なら、年会費以上に得をする可能性が高いでしょう。

30歳以上で、ある程度継続的に収入のある人限定で審査に通ることができますが、明確な基準もなく、招待制でもないため、気になる場合はまず申し込みをしてみましょう。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード 公式サイト

arrow
クレカ+編集部

クレカ+編集部