プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
【厳選】ANAマイルが貯まる最強クレジットカード!お得な貯め方・使い方を解説
おすすめクレジットカード比較

【厳選】ANAマイルが貯まる最強クレジットカード!お得な貯め方・使い方を解説

「ANAマイルが貯まる最強のクレジットカードが知りたい」と思っている方のために、本当におすすめできるクレジットカードを6枚厳選しました。マイルのお得な貯め方や使い方も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ANAマイルが貯まる最強クレジットカードを選ぶ時は5項目をチェック

free_飛行機

飛行機の搭乗はもちろん、日々の生活でも貯めやすいと陸マイラーから人気のANAマイル。普段使っているクレジットカードから、マイルの貯めやすさに特化した「マイル系クレジットカード」に変えるだけで、他のクレジットカードとは比べ物にならないほどザクザク貯まるようになります。

とはいえ「クレジットカードの種類が多すぎて、何を基準に選べばいいかわからない!」と思う方も多いはず。そんな方は、以下の5項目をチェックしましょう!

  1. カードの年会費が自分に合っているか
  2. 利用するエアラインのマイルが貯まるか
  3. マイル還元率の高さをチェック
  4. マイルやポイントの有効期限は何年か
  5. 移行手数料は適切か

それぞれ詳しく解説していきます。

①カードの年会費が自分に合っているか

サムネ_年会費が無理なく払えるか

クレジットカードを比較するなら、まずは年会費をチェックしましょう。

維持費のかかるカードほど還元率が高くサービスに優れているのは当然のこと。しかし、初めから意気込んで生活に合わない高額なクレジットカードを選ぶと挫折してしまいます。

初年度のみ年会費無料のキャンペーンを打ち出しているクレジットカードも多くありますが、長い目で見て、無理なく払い続けられるカードを選びましょう。

②利用するエアラインのマイルが貯まるか

ANAマイルが貯まるか

そもそもANAマイラーを目指すなら、ANAマイルが貯まるカードか、貯まったポイントをANAマイルに移行できるカードを選ぶ必要があります。

基本的に、クレジットカードは特定のエアラインのマイルが貯まる仕組みになっており、JALマイルをANAマイルに移行する…なんてことはできません。ANA航空会社を利用するなら、ANAマイルが貯まるクレジットカードかどうか必ず確かめましょう!

③マイル還元率の高さをチェック

マイルに移行したとき還元率は何%か

クレジットカードによって還元率は大きく変わります。現在、国内のクレジットカードの平均還元率は0.5%程度ですが、マイルをザクザク貯めるなら還元率1.0%を超えるクレジットカードを選びたいところ。

「マイル系クレジットカード」には、マイルが直接貯まるカードだけでなく、貯まったポイントをマイルに移行するタイプのカードも多くあります。ですからポイント還元率をそのまま比較するのではなく、マイルに移行したとき還元率は実質何%になるのか比較すべきです。

④マイルやポイントの有効期限は何年か

made_マイル手数料

意外と見落としてしまうのがポイントの有効期限。ANAマイルの有効期限は3年と定められているので、「コツコツ貯めて夢の海外旅行に使いたい」と思っている方は、一旦ポイントのままで貯めておけるクレジットカードを選びましょう。

ポイントの有効期限はできれば永久不滅、少なくとも3~4年は保有できるカードを選びたいものです。マイルが直接貯まるクレジットカードを選んだ場合、3年以内に使い切らなければ失効してしまうので注意してくださいね。

⑤移行手数料は適切か

年会費だけでなく移行手数料もチェック

ポイントからマイルへ移行する際の手数料も忘れてはいけません。せっかく年会費の安いクレジットカードを選んでも、高額な手数料がかかっては意味がないですよね。

もちろん、毎年ポイントをマイルに移行する必要はありません。例えばポイントの有効期限が3年なら、3年に1度まとめて移行すればOK。ポイントの有効期限と手数料を見比べ、最もコスパの良いカードを選びましょう。

【2021年最新】ANAマイルが貯まる最強のクレカを6枚厳選!

ANAマイルが貯まる、ANAマイラーにとって最強のクレジットカードを6枚厳選しました。特徴やメリットを詳しくご紹介するので、自分に合ったクレジットカードを見つけてみてくださいね。

  1. ソラチカカード
  2. ANA JCB ZERO
  3. ANA アメリカン・エキスプレス・カード
  4. ANA ワイドゴールドカード
  5. ソラチカゴールドカード
  6. ANAスーパーフライヤーズカードゴールド

①東京メトロユーザーにおすすめ!ソラチカカード

ana_ソラチカカード_PASMO
基本情報 ソラチカカード
①年会費 初年度無料
2年目以降は2,200円
②エアライン ANA
③ポイント還元率 0.5~1%
④ポイント期限 2年
⑤手数料 5マイルコース:0円
10マイルコース:6,600円
クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

ソラチカカードで貯まったOki Dokiポイントをマイルに移行するとき、2つのコースから選択できます。
5マイルコースと10マイルコースはマイルの貯まるスピードが2倍。アドバイザーとしては絶対に10マイルコースをおすすめしますが、手数料がかかる点は注意してくださいね。

ソラチカカード

arrow

PASMOチャージでマイルが貯まる

「ANA To Me CARD PASMO JCB」(ソラチカカード)は、初年度無料・2年目以降2,200円(税込)とお手頃価格で持てるクレジットカードです。交通系ICカード「PASMO」と一体型で、通勤・通学や電子マネーの買い物など、PASMOにチャージする度にマイルが貯まるのが最大の魅力。

東京メトロの乗車でさらに貯まる!

free_電車

さらに、東京メトロの乗車で平日5pt、休日15ptのメトロポイントが貯まります。【100メトロポイント=90マイル】の高レートでマイルに移行できるため、東京メトロを日常的に利用する方は絶対に見逃せない1枚です。

ソラチカカード

arrow

②29歳以下のお得なカード!ANA JCB ZERO

ANA-JCB-ZERO
基本情報 ANAカードZERO
①年会費 0円
②エアライン ANA
③ポイント還元率 0.5%
④ポイント期限 2年
⑤手数料 0円
クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

1000円の利用で1ポイントGETでき、5マイルに移行できるので、還元率は実質0.5%。やや少なめではあるものの、年会費0円、移行手数料0円と初期費用なしでマイルを貯められます。まさに初心者マイラー専用のクレジットカードです。

ANA JCBカード ZERO 公式サイト

arrow

年会費・移行手数料が無料!

「ANA JCB CARD ZERO」は、18~29歳の若者だけが持てる超お得なANAカード。名前通り年会費ゼロ、マイルの移行手数料もゼロなので、対象世代の方は迷わず選んで欲しい1枚です。

電子マネー「楽天Edy」でもマイルが貯まる

rakutenedy_楽天エディ

ANA JCBカード ZEROカードに搭載している電子マネー「楽天Edy」を利用すれば、200円の利用で1マイル貯まります。

楽天Edyの加盟店は全国のコンビニやスーパーなど45万店舗に及ぶので、対応店舗が少なくて困ることもないはずです。「少額の買い物はクレジットカードよりも電子マネーを使いたい」派の方でも、無駄なくお得にマイルを貯められます。

ANA JCBカード ZERO 公式サイト

arrow

③フライトが多い方に!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

amex_アメリカンエキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
評価項目 アメックス
スカイ・トラベラー・カード
①年会費 11,000円
②エアライン ANA、JAL、ほか
③ポイント還元率 0.3%~3.0%
④有効期限 無制限
⑤手数料 5,500円
クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

年会費11,000円にポイント移行手数料5,500円と少し勇気のいる金額ですが、26の航空会社のチケット購入で3%還元は魅力的!
持っているだけでゲットできるボーナスマイルも桁違いなので、出張や旅行で飛行機を頻繁に利用する方は必携です。

アメックス・スカイ・トラベラー・カード 公式サイト

arrow

ハイステータスの象徴、アメックスブランド

「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」は、ステータスの高さに定評のあるアメックスのカード。年会費が1,1000円と高価ですが、実はアメックスの中では2番目にリーズナブルなので、ステータスを重視しつつコスパも大切にしたい方に最適です。

一般カードの類にもかかわらず、空港ラウンジサービスや手荷物無料宅配サービスなどワンランク上の特典が付帯しています。

航空券・旅行商品の購入で3%還元

free_飛行機

基本的にはカード利用100円につき1ポイントですが、対象の航空会社の航空券旅行商品の購入では100円につき3ポイントが貯まるので、還元率を3.0%にアップできます。さらに入会ボーナスで3,000ポイント、入会後初のフライトで5,000ポイント付与されるのも魅力的ですね。

飛行機に乗らず、買い物で地道にマイルを貯めたい「陸マイラー」にはイマイチですが、フライトで一気にマイルを稼ぎたい方、より快適に旅行したい方に最適な1枚です。

アメックス・スカイ・トラベラー・カード 公式サイト

arrow

④充実した補償で安心!ANA ワイドゴールドカード

ANA_JCBワイドゴールドカード
評価項目 ANAワイドゴールドカード
①年会費 15,400円
②エアライン ANA
③ポイント還元率 1.00%~2.00%
④有効期限 2年
⑤手数料 無料
クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

年会費15,400円を払ってしまえば、移行手数料なしでどこでも還元率1%以上。日常の支払いをこれ1枚に集約すればマイルがザクザク貯まります。高いステータスを感じさせるゴールドの券面は、どんなシーンでも堂々と使えますね。

ANAワイドゴールドカード 公式サイト

arrow

最安級でゴールドカードを持てる

ANA JCB ワイドゴールドは年会費15,400円で、ANA発行のゴールドカードの中では最安値。ポイントをマイルに移行する手数料も本来5,500円かかるところですが、ワイドゴールドなら無料です。

ポイントの基本還元率が1.0%と高いのはもちろん、マイルがざくざく貰えるのも大きなメリット。搭乗ボーナスとして通常のフライトマイルに25%加算、入会・継続ボーナスとして2000マイルなど、直接マイルが手に入る仕組みが盛りだくさんです。

旅行時の保険がゴールド級に充実!

free_旅行荷物

ワイドゴールドでは、旅行時の損害保険額が大幅にアップ。一般カードは1,000~2,000万円程度であるのに対し、ワイドゴールドの場合は国内で最高5,000万円、海外で最高1億円が補償されます。

黄金に輝く紙面は、社会人としてのステータスの高さをアピールしてくれます。人前で堂々と使えるカードが欲しい方や、貯めたマイルで安心して旅行したい方におすすめできるカードです。

ANAワイドゴールドカード 公式サイト

arrow

⑤地下鉄で通勤・通学するなら!ソラチカゴールドカード

ANA_ソラチカゴールド_PASMO
評価項目 ソラチカゴールドカード
①年会費 15,400円
②エアライン ANA
③ポイント還元率 1.00%~2.00%
④有効期限 2年
⑤手数料 無料
クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

こちらも、年会費15,400円さえ払ってしまえばどこでも還元率1.0%以上のゴールドカード。ソラチカゴールドはPASMO搭載、ひとつ前に紹介したワイドゴールドは楽天Edyが搭載しているのが最大の違いです。
東京在住の方や、日常的に電車を利用する方はコチラがおすすめ。クレジットカードと交通系ICの一体型カードは、通勤や通学などで便利ですよ!

ソラチカゴールドカード 公式サイト

arrow

東京メトロ乗車でマイル貯め放題

1枚目にご紹介した「ソラチカカード」のゴールド版。年会費15,400円がかかるものの、東京メトロ乗車で平日20pt・休日40ptものメトロポイントが貯まる超お得なカードです。

平日5日間の出勤で東京メトロを利用する場合、往復40pt×平日5日で、1週間あたり200ptものポイントが貯まる計算に。【100pt=90マイル】のレートで移行すると、通勤するだけで毎週180マイル、毎年9360マイルもゲットできるのです。

入会・継続で2000マイル付与

free_クレジットカード

一般のソラチカカードは入会・継続ボーナスが1000マイルだったのに対し、ソラチカゴールドではそれぞれ2000マイルと2倍にアップ。また、搭乗ボーナスマイルも一般カードの2.5倍である2500マイルがもらえます。

ソラチカカードとソラチカゴールドで迷ったら、東京メトロと飛行機の利用頻度で判断するのがオススメ。通勤・通学で東京メトロを日常的に利用する方か、毎年飛行機を利用する方はソラチカゴールド、どちらにも当てはまらない方は通常のソラチカカードを選びましょう。

▼貯めやすさNo.1!ソラチカゴールドの申し込みはこちら。

ソラチカゴールドカード 公式サイト

arrow

▼初年度無料でお手頃なソラチカカードの申し込みはこちら。

ソラチカカード

arrow

⑥楽天Edyも利用可!楽天ANAマイレージクラブカード

VISA_ANA楽天マイレージクラブカード
評価項目 楽天ANA
マイレージクラブカード
①年会費 無料
2年目以降も年1回利用で無料
②エアライン ANA
③マイル還元率 0.5%~
④有効期限 1年
楽天ポイント獲得で延長
⑤手数料 0円
クレカアドバイザー:清水
クレカアドバイザー:清水

年会費が実質無料なので、楽天ユーザーならとりあえず作っておくべき。逆に楽天をほぼ利用しない方にとってはあまりメリットがないカードです。

楽天ANAマイレージクラブカード

arrow

楽天ヘビーユーザーにおすすめ

楽天市場などの楽天経済圏を利用する方におすすめなのが「楽天ANAマイレージクラブカード」。楽天カードに加え、ANAマイレージクラブ、楽天Edy、楽天ポイントカードの4機能が一体化している便利なカードです。

ANAマイルコースは還元率0.5%と低めではあるものの、楽天市場や楽天銀行、楽天モバイルなどの楽天経済圏を網羅的に利用している方は、支出のほとんどをマイルに還元できるのでおすすめです。

年1回以上の利用で年会費無料

free_財布

楽天ANAマイレージクラブカードは、初年度無料です。2年目以降も年1回以上利用すれば翌年度は無料になるので、利用している間は実質完全無料で持てるといえます。リスクなしでマイルを貯めたい方はぜひチェックしてみましょう!

ANAスーパーフライヤーズカードゴールド 公式サイト

arrow

クレジットカードでANAマイルを貯める4つの方法

ANAマイラーにとって最強のクレジットカードを6枚ご紹介しましたが、気になるカードは見つかりましたか?ここからは、クレジットカードを使ってANAマイルを貯める方法を4つご紹介します。

  1. フライトで貯める
  2. 日常の支払いをカードに集約
  3. カード加盟店を利用して還元率UP
  4. ポイントサイト経由でもっとお得に

①フライトで貯める

free_飛行機

ANAグループの飛行機に搭乗すると貯まる「フライトマイル」。そのうえ、チケットを購入する際にANAカードで支払うと、さらに「フライトボーナスマイル」が追加されるのです。

東京ー沖縄のフライトマイルを比較!

フライトボーナスマイルがどれだけ貯まるか、東京発着路線で沖縄に行く場合を例に見てみましょう。

東京ー沖縄の区間基本マイレージは984(2021年2月現在)です。ビジネスクラスの「C」を利用した場合、積算率は125%なので、フライトマイルは984×1.25=1,230。つまり、片道で1230マイルが貯まることになります。

ビジネスクラス

さらにANAカードで支払うと、一般カードで+10%、ワイドカードやゴールドカードで+20%、プレミアムカードなら+50%ものフライトボーナスマイルが加算されます。

東京ー沖縄のフライトで貯まるマイルは以下の表のとおり。一般カードですら、片道123マイルも加算されます。

ステータス ボーナス 東京ー沖縄(片道)の
合計マイル
現金払い、他社のクレカ +0% 1230
ANA一般 +10% 1353
(+123マイル)
ANAワイド、ゴールド +20% 1476
(+246マイル)
ANAプレミアム +50% 1845
(+615マイル)

また、今回は東京ー沖縄を例に見てみましたが、海外旅行になると、基本区間マイレージが5,000~10,000になることも。基本マイレージが上がるほどボーナスマイルも増えるので、長距離フライトの予定がある方は絶対に見逃せませんね。

②日常の支払いをカードに集約

free_スーパー

スーパーやコンビニでの支払い、サブスクの引き落とし、月々の固定費など日常の支払いは極力クレジットカードに集約しましょう。特に家賃や光熱費は、数万~数十万ものお金が毎月欠かさず引き落とされるので、がっつりマイルを貯める絶好のチャンスです。

もし還元率1.0%のクレジットカードを利用し、家賃11万円、光熱費2万円を支払うとすると、毎月1,300マイルが貯まる計算になります。支払い金額は変わらないのに毎年15,600マイルもGETできると考えると…逃すわけにはいきませんよね。

③カード加盟店を利用して還元率UP

free_レストラン

多くのクレジットカードは、特定の店舗やサービスで利用すると、ポイントやマイルをお得に貯められます。自分がよく利用するサービスと相性の良いカードを選んで積極的に利用しましょう。

たとえば「ソラチカカード」の場合は東京メトロの利用で平日5pt、休日15ptのメトロポイントが貯まりますし、「ANA VISA Suicaカード」の場合はSuicaのチャージマイルが貯まります。

④ポイントサイト経由でもっとお得に

okidoki_モール

それぞれのクレジットカード会社が提携するポイント優待サイトやポイントアップモールを経由することで、さらにお得にマイルを貯められます。たとえばJCB発行のカードなら「Oki Dokiランド」を経由してネットショッピングを行うだけで、ポイント還元率が2~20倍にアップ。

Amazonや楽天、ヤフーショッピングなどの大手ショッピングサイトが加盟しているので「品ぞろえが悪い…」なんてこともあり得ません。クレジットカードを持つ恩恵をたっぷり受けられるチャンスなので、必ず利用してくださいね!

クレジットカードで貯めたANAマイルのお得な使い方

クレジットカードで貯めたマイルは、特定航空券の購入や座席のグレードアップで使うという方が主流です。しかし実は、他にもANAマイルのお得な使い方があるのです。

  1. ANA SKYコインに交換
  2. ホテルやレストランのクーポンに交換
  3. ANAセレクションでグッズに交換

それぞれ紹介します。

①ANA SKYコインに交換

ANA_ANAコイン

SKYコインとは、航空券の交換やツアー商品の交換などでマイルと同じような使い方ができる電子マネーです。SKYコインの有効期限は1年なので「そろそろマイルの有効期限が切れるけど、今すぐ使えない…」という場合、コインに交換しておけば実質1年延長されることになります。

②ホテルやレストランのクーポンに交換

ANA_インターコンチネンタル_ホテル_

ANAグローバルホテルやANAトラベラーズホテルなど、ANAが提携するホテルの宿泊でもマイルを利用できます。提携数は30万を超えるので、世界各国であなたの理想を叶えるホテルに宿泊できるはずです。

③ANAセレクションでグッズに交換

ANAセレクション

マイルの使い道に困ったら、ANAが厳選した商品と交換するのも賢い選択。黒毛和牛やワイン、インテリア、家電など選りすぐりのアイテムがずらりと並びます。気になる方は、ANA公式サイトからチェックしてみてくださいね。

ANAマイルが貯まる最強クレジットカードを選ぼう

ANAマイルが貯まる最強のクレジットカードとして、以下の6枚をご紹介しました。

  1. ソラチカカード
  2. ANA JCB ZERO
  3. ANA アメリカン・エキスプレス・カード
  4. ANA ワイドゴールドカード
  5. ソラチカゴールドカード
  6. ANAスーパーフライヤーズカードゴールド

あなたの生活スタイルに合ったクレジットカードを使って、効率良くANAマイルを貯めてくださいね。

クレカ+編集部

クレカ+編集部