プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
auユーザーが持つべきクレジットカード頂上決戦
一般カード

auユーザーが持つべきクレジットカード頂上決戦

クレジットカードは多様な支払いに使われます。中でも携帯利用料は継続的で比較的高額。そんな携帯料金とクレジットカードには相性がありお得さが格段に変わります。ここではau利用者のためのクレジットカードをご紹介。携帯のキャリアがauという方は是非参考にしてみてください。

auユーザーのクレジットカード3つの選び方

free_クレジットカード_スマホ

クレジットカードは非常に種類豊富です。自分に合ったクレジットカードを選ぶためには項目を押さえた比較が必要に。

ここでは、auユーザーがクレジットカードを選ぶ際にチェックすべき項目として以下の3点を挙げています。

  1. 年会費
  2. ポイント還元率
  3. サービスや特典

これらの項目について、順に詳しく説明していきます。

①年会費

free_お金

クレジットカードを選ぶ際、まず確認しておきたいのが年会費。年会費が高くなればサービスや特典の質も上がります。お得になる額と年会費を天秤にかけて選びましょう。

クレジットカードの年会費はカード会社カードのランクによってさまざまで、安いものは無料、高いものは数十万円にも。サービスや特典をふまえたうえで、許容できる年会費の額を決めておきましょう。

②ポイント還元率

free_ポイント

携帯料金の支払いでお得なクレジットカード選ぶとき、ポイント還元率は必須項目。auの携帯料金をカードで支払った場合、どの程度のポイントが返ってくるのかを確認しましょう。

一般的なクレジットカードのポイント還元率は平均0.5%となっており、1.0%を超えると高還元率カードと言われます。せっかくキャリアに合わせてカードを選ぶのであれば、auの携帯料金を支払う際のポイント還元率が1.0%以上であることをクリアしたものを選びましょう。

③サービスや特典

free_プレゼント

上に挙げた年会費ポイント還元率を見たら、サービスや特典の充実度も確認。量ではなく自身との関連性が重要で、生活の中で使う頻度の高いサービスが多く含まれているカードを選ぶようにしましょう。各月のプレゼントや旅行傷害保険、ショッピング保険、対象店舗での割引など、さまざまなサービスがあります。

ここからは、auユーザーにおすすめのクレジットカードを具体的に紹介していきます。

第1位:au payカード(旧au wallet クレジットカード)

au_au pay カード_シルバー
au_au pay カード_ゴールド
au_au pay カード_シルバー
au_au pay カード_ゴールド
カード項目 au payカード
(シルバー)
au payカード
(ゴールド)
カードの種類 一般 ゴールド
年会費 1.375円(税込)
※条件付き無料
11,000円(税込)
貯まるポイント Pontaポイント Pontaポイント
ポイント還元率 1% 1%
国際ブランド Mastercard・VISA Mastercard・VISA
主なサービス ・海外旅行保険最高2000万円
・ショッピング保険年間100万円
・ETCカード発行1100円(年会費無料)
・auサービスの利用でポイント還元
・国内外旅行保険最高5000万円
・ショッピング保険年間300万円
・ETCカード無料
・空港ラウンジ利用
ポイントアップ ・入会&利用で最大10,000ポイント
・ポイントアップ店
・入会&利用で最大20,000円ポイント
・ポイントアップ店
申し込み条件 ・auID登録
・18歳以上(高校生除く)
・定期収入
・auID登録
・20歳以上
・定期収入

au PAY カード 公式サイト

arrow

au payカードには、一般カードのシルバーと、ゴールドカードのゴールドが存在します。au payカード(シルバー)を持っている場合にはランクアップでゴールドの発行が可能です。

おすすめポイント①年会費無料

free_無料

au payカードの年会費は1,375円ですが、au IDに紐付くau携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)・auひかりauひかり ちゅらUQ mobileに契約している場合、年会費無料となります。そのため、auユーザーであればコストなく利用できるカードです。

使用しているキャリアを条件として年会費が免除されることは、利用者にとって嬉しいポイントですね。

おすすめポイント②pontaポイントがたくさん貯まる

au payカードの魅力はなんといってもpontaポイントの貯まり方です。使用すればもちろん、持っているだけでもポイントが貯まるサービスが豊富。

  • どこで使っても1%でさらにポイントアップも
  • 新規入会でポイントがもらえる
  • マイナ登録でポイントがもらえる

あらゆるタイミングでもらえるPontaポイント。ここからは、上記3つについて詳しく紹介していきます。

どこで使っても1%でさらにポイントアップも

au payカードはどこで使用しても100円(税込)につき1Pontaポイントが貯まります。すなわち常時ポイント還元率が1.0%を超えるカードです。

かなり好条件といえる常時1.0%の還元率は、1.0%以上になるシーンも多数存在します。

▼au payのポイントアップ

au payカード×ポイントアップ店2

ここに挙げられているポイントアップ店では、通常の1%還元に加えて200円ごとに1Pontaポイント以上の増量が受けられます。日常利用でのポイントの貯まりやすさはピカイチ。

新規入会でポイントプレゼント

au payカード×新規入会ポイント

auユーザーであれば効率的に入会から6ヶ月間の間で最大10,000Pontaポイントを得ることができます。

特典①
入会から6ヶ月間、au payカードからau pay残高へチャージをすると、通常1%還元のところ10%還元になります。(上限3,500Pontaポイント)

特典②
入会から6ヶ月間、auユーザーはau payカードでのショッピング利用で、通常1%還元のところ5%還元になります。(上限3,500Pontaポイント)

特典③
対象公共料金の支払い、またはETCカード新規発行&利用で3,000Pontaポイント

マイナ登録でポイントプレゼント

au payカード×マイナポイント

au payカードは、マイナポイント対象のキャッシュレス決済サービスです。マイナポイントの申込にてau payカードを登録することでマイナポイントとして付与される上限5,000円相当のau pay残高に加え、1,000円のau pay残高がもらえます。

合計で最大6,000円ものau pay残高が得られるのはとてもお得です。

おすすめポイント③ゴールドでさらにお得

au payカードでも十分にお得ですが、au payゴールドカードではさらにお得になります。ゴールドカードならではのメリットは以下の4点です。

  • 年間利用額に応じてPontaポイントをゲット
  • 毎月au payマーケットのクーポンがもらえる
  • 最高3,500万円の海外旅行保険が自動付帯
  • auの基本使用料や通話・通信料の11%ものポイント還元

このように、au payゴールドカードのサービスや特典はかなり充実しており、携帯料金の金額によってはすぐに11,000円の年会費の元が取れるようになっています。

第2位:Orico Card THE POINT

orico_Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT 基本情報
カードの種類 一般
年会費 無料
貯まるポイント ・オリコポイント
・暮らすマイル
ポイント還元率 1%
国際ブランド マスターカード・JCB
主なサービス ・トラベルサポートが充実
・カードの不正利用は60日間保障
ポイントアップ ・入会後6か月はポイント2倍
・オリコモール経由で+1%以上還元
申し込み条件 18歳以上(高校生除く)

オリコカード 公式サイト

arrow

おすすめポイント①年会費永年無料

Orico Card THE POINTの強みはなんといっても年会費永年無料。もちろん年会費がかからないクレジットカードは他にもありますが、Orico Card THE POINTの特徴は年会費無料カードとしては贅沢すぎるほどのポイント還元率の高さです。

常時1.0%以上の高還元率でありながら、モールを経由することでさらに還元率がアップします。年会費無料とは思えない恩恵を受けられるカードとなっています。

おすすめポイント②au walletのチャージでお得

Orico Card THE POINTは、MastercardVISAから選択可能。国際ブランドをMastercardにすると、WALLETへのチャージの度に1.0%ものポイントが還元されます。

それだけでなく、au WALLETでの支払いでさらに0.5%が加算されるため、合計1.5%の還元を受けられます。auユーザーであればとても効率的にポイントを貯められるカードです。

おすすめポイント③ETCカードの発行費や維持費が無料

Orico Card THE POINTでは、ETCカードの発行に加えて年会費・更新費がすべて無料です。近年はETCカードの発行に費用がかかるケースが多く、これまでに挙げた年会費やポイント還元率の好条件を満たした上でETCカードが無料で使えるのは大きなメリットです。

全キャリアでおすすめのクレジットカード

リクルートカード

rikuruto_リクルートカード_カード画像
リクルートカード 基本情報
カードの種類 一般
年会費 永年無料
貯まるポイント リクルートポイント
ポイント還元率 1.20%
国際ブランド MasterCard,VISA,JCB,UnionPay
主なサービス ・最高2000万円の旅行保険
・家族カード、ETCカードを無料発行
ポイントアップ ホットペーパーグルメで+50pt
じゃらん予約で還元率3.5%
モール経由で還元率4.2%以上
申し込み条件 18歳以上

リクルートカードは高還元率カードとして有名で、キャリア関係なく得られるメリットが豊富なカードです。特徴的なメリットして以下の点が挙げられます。

  • 年会費永年無料
  • 1.2%の高還元率
  • 家族カード無料
  • 海外旅行保険付帯
  • ショッピング保険付帯
  • ETCカード無料

ここに挙げられた内容だけでもお得であることは十分に納得ですが、現在進行形で今もどんどんお得になっています。リクルートの提携先は増え続けており、提携サービスでは1.2%の基本ポイントにさらに提携先ポイントが付加されます。

リクルートカード 公式サイト

arrow

VIASOカード

viaso_カード
VIASOカード 基本情報
カードの種類 一般
年会費 永年無料
貯まるポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド マスターカード
主なサービス ・オートキャッシュバック
・海外旅行保障つき
・コラボカードの種類が豊富
ポイントアップ ・Viaso eショップで還元率アップ
申し込み条件 18歳以上

VIASOカードは高還元率カード有名で、キャリア関係なく得られる豊富なメリットに加え、負担なくお得なクレジットカードライフを送れるカードです。主なメリットは以下の通りです。

  • 年会費永年無料
  • ポイントが自動でキャッシュバック
  • 特定加盟店でポイント2倍

VIASOカードで特徴的なのは、カード利用によって貯まったポイントが登録口座に自動的に現金で振り込まれるという仕組みです。自動キャッシュバックなので手続き不要ポイント失効もないのが安心。また、還元月に請求があると自動的に差し引かれます。

VIASOカード 公式サイト

arrow

auユーザーはau payカード一択!!

au payカード×種類

キャリアとクレジットカードには強い関わりがあります。この記事では、auユーザーのクレジットカード選びについて紹介してきました。

auユーザーが最大限お得にクレジットカードを使いたいなら、年会費ポイント還元率特典・サービスなどの全要素から、au payカード一択です。

auユーザーであることがどれだけメリットに繋がるのかを確認するのはもちろん、クレジットカードは日常的に使うものでもあるので、自身の性格やライフスタイルも含めて最終的な1枚を選んでみてください。

クレカ+編集部

クレカ+編集部