プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
【陸マイラー必見】最強のおすすめクレジットカード8選!ANA・JALマイルの貯め方
おすすめクレジットカード比較

【陸マイラー必見】最強のおすすめクレジットカード8選!ANA・JALマイルの貯め方

陸マイラー必携の最強クレジットカードをご紹介します。ANA・JALそれぞれのマイルが貯まるカードを全8枚、さらに正しいクレジットカードの選び方やマイルをもっとお得に貯める方法まで解説。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【結論】陸マイラーの最強クレジットカードはコレ

ANA_ソラチカゴールド_PASMO
評価項目 ソラチカゴールドカード
①年会費 15,400円
②エアライン ANA
③還元率 1.00%~2.00%
④有効期限 2年
⑤手数料 無料

結論からお伝えすると、陸マイラーにとって最強のクレジットカードは「ソラチカゴールド」です。年会費は15,400円ですが、ポイントをマイルに移行する手数料は無料。年会費さえ支払えばザクザクANAマイルを貯められます。

月の利用額1000円につき1ptのOki Dokiポイントが付与され、1pt=10マイルに交換できるので、実質還元率は1%。マイルが貯まる一般カードのほとんどは還元率が0.5%ですが、2倍のスピードで貯まると考えると、できれば還元率1.0%のカードを選びたいところです。

入会や継続ボーナスとして毎年2,000マイルもらえますし、東京メトロに乗車するとマイルに交換可能なメトロポイントまでゲットできます。

ソラチカゴールドカード 公式サイト

arrow

「最初から年会費1万円超えはちょっと…」「ゴールドは審査が不安だから、まずは一般カードから選びたい」という方のために、記事の後半で他にもおすすめできるカードを全8枚ご紹介します。

▶早速おすすめカードを見てみる!

初心者陸マイラー必見!クレジットカードの5つの選び方

陸マイラーへの道

飛行機に乗るのではなく、主に普段の買い物でお得にマイルを貯める、通称「陸マイラー」。陸マイラーとして効率的にマイルを貯めるには、まずクレジットカードを正しく選ぶことが重要です。

とはいえ「クレジットカードの種類が多すぎて、何を基準に選べばいいかわからない!」と思う方も多いはず。そんな方は、以下の5項目をチェックしましょう!

  1. カードの年会費が自分に合っているか
  2. 自分が利用するエアラインのマイルが貯まるか
  3. マイル還元率の高さをチェック
  4. マイルやポイントの有効期限は何年か
  5. 移行手数料は適切か

それぞれ詳しく解説します。

①カードの年会費が自分に合っているか

クレジットカードを選ぶときは、まず年会費をチェック。初年度限定の割引に惑わされず、何年後も無理なく払い続けられるクレジットカードを選ぶべきです。

年会費の高いカードほどマイルが貯まりやすく、付帯する保険や特典が豪華なのも事実。しかし年会費の安いカードは、身近なスーパーやコンビニでマイルに交換可能なポイントが貯まったり、日常生活で嬉しい特典が付帯したりと陸マイラーにとって使いやすいカードが多いのです。

②自分が利用するエアラインのマイルが貯まるか

多くのクレジットカードは特定のマイルにしか交換できないため、自分が利用するエアラインに合わせる必要があります。ANAを使うならANAマイル、JALを使うならJALマイル、ソラシドエアなどの格安航空なら該当マイルが貯まるクレジットカードを使いましょう。

一方「スカイ・トラベラー・カード」など、複数種類のマイルに交換可能なクレジットカードもあります。「どのエアラインを利用するかわからない」という方は、交換できるマイルの種類が多いカードにするのも賢い選択です。

③マイル還元率の高さをチェック

次に重視したいのがマイルの還元率です。日本のクレジットカードの平均還元率は0.5%程度なので、1.0%を超えるクレジットカードは十分高還元の部類といえます。

基本還元率1.0%以上のカードや、自分がよく利用する店舗やサービスで使うと還元率がアップするクレジットカードを選びましょう。

④マイルやポイントの有効期限は何年か

ポイントの有効期限は意外と重要。陸マイラーは長期戦になりますから「気づいたらポイントの有効期限が切れていた…」「マイルを使いきれないまま失効してしまった!」なんてことも起きかねません。

短いものだと1年で失効してしまうカードもありますが、陸マイラーならせめて5年間は欲しいところです。できれば、無期限でポイントを保有できるクレジットカードを選ぶと安心ですね。

⑤移行手数料は適切か

多くのクレジットカードでは、ポイントからマイルに移行する際に移行手数料がかかります。せっかく年会費の安いカードを選んでも、移行のたびに高額な手数料がかかっては意味が無いので、申し込む前に必ずチェックすべきです。

また「マイル系クレジットカード」とよばれる、マイルが直接貯まるクレジットカードもおすすめ。移行手数料がかからないうえ、ポイントからマイルに移行するのを忘れて失効するリスクもありません。

【ANA】陸マイラーにおすすめのクレジットカード5選

そもそもANAマイルは、クレジットカードやポイントサイトを通して貯めやすいため、あまり飛行機に乗らない陸マイラーにはうってつけです。

陸マイラーにおすすめのクレジットカードを紹介します。ANAマイルが貯まるカードは、以下の5枚です。

  1. JCB ANAカード ZERO
  2. ソラチカカード
  3. ANA VISA Suicaカード
  4. 楽天ANAマイレージクラブカード
  5. ソラチカゴールドカード

それぞれ特徴やメリットをご紹介します。

①JCB ANAカード ZERO

ANA-JCB-ZERO
基本情報 ANAカードZERO
①年会費 0円
②エアライン ANA
③還元率 0.5%
④ポイント期限 2年
⑤手数料 0円

ANA JCBカード ZERO 公式サイト

arrow

年会費・手数料無料の若者必携カード!

JCB ANAカード ZEROは、ANA発行のカードで初めて、入会費・年会費がどちらも0円のクレジットカードです。18~29歳の若い社会人を対象に発行しているカードで、発行から5年後の自動更新時に「ANA JCB 一般カード」に切り替わります。

JCB ANAカード ZEROは、普段の買い物で貯まるOki Dokiポイントからマイルに移行する手数料も無料。他のカードは年間5,000円程度かかることを考えると非常にお得ですね。初心者陸マイラーに圧倒的におすすめできるカードです。

他にもこんなメリットが!
  • ショッピング保険が付帯している
    海外での買い物に限り、最高100万円まで補償。

  • 楽天Edy機能が搭載している
    200円利用ごとに1マイル貯まります。

  • フライトボーナスマイル+10%
    飛行機に乗る際は基本マイルに+10%加算!

ANA JCBカード ZERO 公式サイト

arrow

②ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

ana_ソラチカカード_PASMO
基本情報 ソラチカカード
①年会費 初年度無料
2年目以降は2,200円
②エアライン ANA
③還元率 0.5~1%
④ポイント期限 2年
⑤手数料 0円/6,600円

ソラチカカード

arrow

東京メトロ利用者には欠かせない1枚!

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)はPASMOとANAカードが一体化したカード。通勤・通学で東京メトロを利用する方は、絶対に持っておきたいクレジットカードです。

東京メトロに乗車する度に平日は5pt、休日は10ptものメトロポイントが貯まります。メトロポイントは【100pt=90マイル】という高レートでマイルに移行可能です。

さらに、普段の買い物やネットショッピングで貯まるポイントもマイルに移行できます。「メトロポイント」「Oki Dokiポイント」「ANAマイル」を1枚で貯められ、前者2種類のポイントはすべてマイルに交換できることを考えると、日々の支出から無駄なくマイルを貯めるならソラチカカード一択です。

他にもこんなメリットが!
  • 初年度の年会費が無料
    2年目以降も2,200円と比較的リーズナブル。

  • 入会・継続ボーナス1000マイル
    継続ボーナスだけで年会費分は黒字に。

  • 旅行損害保険が自動付帯
    旅行先で利用していなくても保険適用!

ソラチカカード

arrow

③ANA VISA Suicaカード 

ana_visasuicaカード
評価項目 ANA VISA Suicaカード
①年会費 初年度無料
2年目以降は2,200円
②エアライン ANA
③還元率 0.50%~2.00%
④有効期限 2年
⑤手数料 0円/6,600円

ANA VISA Suicaカード 公式サイト

arrow

JR・電子マネー利用者に最適なクレカ

SuicaとANAカードが一体化した「ANA VISA Suicaカード」は、SuicaもしくはモバイルSuicaのチャージでマイルが貯まるクレジットカード。JRを日常的に利用する方はもちろん、コンビニやスーパーなどの支払いを電子マネーSuicaで行う方もマイルがザクザク貯まります。

Suicaは日本で最もメジャーな交通系電子マネーとして知られており、JR東日本会社は2019年12月時点でSuicaの発行枚数が8000万枚を突破したことを発表しています。加盟店舗数もPASMOよりSuicaのほうが上なので、首都圏以外に在住している陸マイラーは、ソラチカカードよりANA VISA Suicaカードの方が使いやすいでしょう。

ソラチカカードと違って「乗車ポイント」が無いのは唯一残念な点ですが、オートチャージには対応しています。もう残高不足で改札を止めてしまうことはありませんね。

他にもこんなメリットが!
  • 初年度の年会費が無料
    2年目以降も2,200円と比較的リーズナブル。

  • 入会・継続ボーナス1000マイル
    継続ボーナスだけで年会費分は黒字に。

  • マイ・ペイすリボ登録で還元率UP
    ただしリボ払いプランなので契約は慎重に。

ANA VISA Suicaカード 公式サイト

arrow

④楽天ANAマイレージクラブカード

VISA_ANA楽天マイレージクラブカード
評価項目 楽天ANA
マイレージクラブカード
①年会費 無料
2年目以降も年1回利用で無料
②エアライン ANA
③還元率 1.00%~3.00%
④有効期限 1年
楽天ポイント獲得で延長
⑤手数料 0円

楽天ANAマイレージクラブカード

arrow

クレカ・電子マネー・ポイントカードが1枚で!

楽天市場などの楽天経済圏を利用する方におすすめなのが「楽天ANAマイレージクラブカード」。以下の4機能が一体化しており、携帯にも便利なクレジットカードです。

  • 楽天カード
  • ANAマイレージクラブ
  • 楽天Edy
  • 楽天ポイントカード

100円で1ポイント貯まる【楽天ポイントコース】と200円で1マイル貯まる【ANAマイルコース】を自由に選択でき、コース変更はいつでも可能。楽天ポイントコースの方がお得に見えますが、実際は1マイルあたり2円~になることが多いため、還元率はどちらも1%程度です。

しかもANAマイルコースは直接マイルが貯まるので移行漏れやポイント失効が起こらないのも嬉しいポイント。楽天を頻繁に利用する陸マイラーは、ANAマイルコースで効率よくマイルを貯めましょう!

他にもこんなメリットが!
  • 年1回以上の利用で年会費無料
    利用金額に関係なく実質無料にできる!

  • 「スキップサービス」が利用可
    空港での搭乗手続きをスキップ。

  • 安心のカード盗難保険
    カードを不正に利用された場合も補償制度アリ。

楽天ANAマイレージクラブカード

arrow

⑤ソラチカゴールドカード(ANA To Me CARD PASMO JCB Gold)

ANA_ソラチカゴールド_PASMO
評価項目 ソラチカゴールドカード
①年会費 15,400円
②エアライン ANA
③還元率 1.00%~2.00%
④有効期限 2年
⑤手数料 無料

ソラチカゴールドカード 公式サイト

arrow

マイルが一般カードの4倍貯まる!

1枚目にご紹介した「ソラチカカード」のゴールドカード版で、陸マイラーにとっては最強のカード。年会費15,400円という価格がネックですが、ソラチカカードとは桁違いの補償額です。海外旅行損害保険が1,000万円から1億円に、ショッピング保険が100万円から500万円にアップしました。

また、東京メトロ1乗車につき平日20pt、休日40ptものメトロポイントが貯まります。

100pt=90マイルで交換可能なので、平日5日間の往復で出勤東京メトロを利用する場合、毎週180マイル貯まる計算に。1乗車5ptの一般カードと比べると、なんと4倍のスピードでマイルが貯まるのです。

他にもこんなメリットが!
  • 入会・継続で2000マイル付与
    ボーナスが一般カードの2倍にアップ。

  • 1ポイント=10マイルで無料移行
    年間5,500円の移行手数料が無料に!

  • 搭乗ボーナスマイルが+25%にUP
    年間1度でも飛行機に乗る方は超お得。

ソラチカゴールドカード 公式サイト

arrow

【JAL】陸マイラーにおすすめのクレジットカード3選

そもそもJALマイルは、基本的に陸より空で貯まりやすいという特徴があるため、陸マイラーにとってはやや不利。しかし、繁忙期・閑散期でフライトに必要なマイル数の差があまり無いため、季節に関わらず好きなタイミングで使えるのはメリットです。

JALマイルを貯めたい方におすすめのクレジットカードを5枚紹介します。

  1. JALカードSuica
  2. JALカード 普通カード
  3. JALカード TOKYU POINT ClubQ

それぞれの特徴を詳しく解説します。

①JALカードSuica

JCB_JALカードSuica
評価項目 JALカードSuica
①年会費 2,200円
初年度無料
②エアライン JAL
③還元率 0.50%~1.00%
④有効期限 2年
⑤手数料 3,300円

JALカードSuica 公式サイト

arrow

Suicaを利用する陸マイラーに最適!

JALマイルを貯めたい方で、JRや電子マネーSuicaをよく利用する方は、「JALカードSuica」がおすすめ。SuicaやモバイルSuicaに1000円チャージするごとにJRE POINTが6ポイント貯まります。

基本移行レートは【600ポイント=500マイル】ですが、年会費3,300円のJALカードショッピングマイル・プレミアム会員になると【600ポイント=1000マイル】で交換可能。つまり、10万円のチャージごとに1,000マイルがゲットできるようになります。

また、オートチャージにも対応しているので、残高不足になる心配もありません。実際の利用者からも「オートチャージが便利」「もう戻れない」と評判の機能です。

他にもこんなメリットが!
  • 初年度の年会費が無料
    2年目以降も年会費2,000円とリーズナブル。

  • 搭乗ボーナス1,000マイル
    毎年、初回搭乗時にマイルがもらえる!

  • JALカード特約店で還元率2%に
    JALグループ、イオン、ENEOSなど。

JALカードSuica 公式サイト

arrow

②JALカード 普通カード

mastercard_JALカード_普通カード
評価項目 JALカード(普通)
①年会費 2,200円
初年度無料
②エアライン JAL
③還元率 0.50%~1.00%
④有効期限 2年
⑤手数料 3,300円

JAL普通カード 公式サイト

arrow

200円で1マイルが貯まるシンプルな仕組み!

JALカードの中で最もスタンダードな「JALカード 普通カード」。Visa、Mastercard、JCB、アメックスと好きな国際ブランドから選ぶことができ、年会費は2,200円(アメックスのみ6,600円)とリーズナブルです。

JALカードは200円の買い物で1マイル貯まるシンプルな仕組みになっているため移行漏れの心配がなく、ポイントからマイルへの面倒な移行手続きも不要。「とりあえずJALマイルを貯めたい」「メインに使える1枚目のクレジットカードが欲しい」という方にまず選んでほしい1枚です。

他にもこんなメリットが!
  • 初年度の年会費が無料
    2年目以降も2,200円と比較的リーズナブル。

  • 国内外の旅行損害保険が付帯
    最高1,000万円、アメックスのみ3,000万円補償。

  • 搭乗ボーナス1,000マイル
    毎年、初回搭乗時にマイルがもらえる!

JAL普通カード 公式サイト

arrow

③JALカード TOKYU POINT ClubQ

Mastercard_JALカード_TOKYUPOINTClubQ
評価項目 JALカード
TOKYU POINT ClubQ
①年会費 2,200円
初年度無料
②エアライン JAL
③還元率 0.50%~1.00%
④有効期限 3年
⑤手数料 3,300円

東急グループの利用でポイント二重取り!

TOKYU POINT ClubQは、東急グループの利用が多い陸マイラーにおすすめのクレジットカード。こちらもJALマイルが直接貯まるので、移行漏れの心配は不要です。

基本還元率は0.5%と平均程度ですが、以下のようなTOKYU POINT加盟店で利用すると、TOKYU POINTをさらにゲットできます。【2,000ポイント=1,000マイル】で交換可能で、ポイントの有効期限は加算日から3年間です。

TOKYU POINT
加盟店
もらえるポイント
東急百貨店 100円の利用で3~10%
東急ストア 200円につき1ポイント
東急ハンズ 100円につき1ポイント

また、陸マイラーなら、電子マネー「JMB WAON」との併用も必須。TOKYU POINT ClubQでJMB WAONにチャージすれば、チャージのときに1.0%、支払いで0.5%の合計1.5%が貯まります。

他にもこんなメリットが!
  • 初年度の年会費が無料
    2年目以降も2,200円と比較的リーズナブル。

  • 搭乗ボーナス1,000マイル
    毎年、初回搭乗時にマイルがもらえる!

  • 国内外の旅行損害保険が付帯
    最高1,000万円を補償。

クレジットカードで貯めたマイルは3つの方法でお得に使おう

ここまで、陸マイラーにおすすめのクレジットカードを見てきました。マイルの使い方としては「航空券に交換する」「座席をアップグレードする」の2つが主流ですが、他にも様々な使い方があるんです。

ANAマイルおすすめの使い道3選

ANAマイルおすすめの使い道は、以下の3つです。

  • SKYコインに交換
  • ホテルやレストランのクーポンに交換
  • ANAセレクションで商品に交換

SKYコインとは、航空券の交換やツアー商品の交換など通常のマイルのように使える電子マネーです。有効期限は1年なので「そろそろマイルの有効期限が切れるけど、今すぐ使えない…」という場合、コインに交換しておけば実質1年延長されます。

ANAマイルを利用できるホテルやレストラン、ANAセレクションの商品は、ANA公式サイトのマイルを使うからチェックできます。ぜひ覗いてみてくださいね!

ANA_マイルを使う

JALマイルおすすめの使い道3選

JALマイルおすすめの使い道は、以下の3つです。

  • e JALポイントに交換
  • JALクーポンでツアーに交換
  • 「JALとっておきの逸品」に交換

e JALポイントとは、ANAのSKYコインと同様に、通常のマイルとほぼ同じ使い方ができる電子マネーです。失効間近のマイルは忘れずにe JALポイントに交換しておきましょう。

JALマイルで参加可能なツアーや「JALとっておきの逸品」は、JAL公式サイトのマイルをつかうからチェックできます。ぜひ覗いてみてくださいね!

JAL_マイルをつかう

クレジットカードでもっとマイルを貯める3つの方法

Free_クレジットカード_PC

最後に、クレジットカードを使ってさらに効率よくマイルを貯める方法を3つご紹介します。陸マイラーを目指す方は、必ずチェックしてくださいね!

  1. 公共料金の支払いをカードに集約
  2. カード加盟店を利用して還元率UP
  3. ポイントサイト経由でもっとお得に

それぞれ詳しく解説します。

①公共料金の支払いをカードに集約

家賃や電気、ガス、水道代などの公共料金はクレジットカードで支払うのが鉄則。すべての固定費を合わせれば、毎月数万円~10万円程度の決済額になりますよね。

還元率1.0%のクレジットカードを利用する場合、10万円で1,000マイルが貯まる計算になります。年間12,000マイル、陸マイラーなら絶対に逃さないでくださいね!

②カード加盟店を利用して還元率UP

多くのクレジットカードには、それぞれ還元率が大幅にアップする店舗があります。楽天カードの場合は楽天ブックスや楽天モバイルなどの「楽天〇〇」、TOKYU POINT ClubQなら東急系列の店舗など。

自分が選んだクレジットカードの加盟店を積極的に利用し、還元率を上げましょう!相性次第では、ポイントの二重取り、三重取りができる場合もあるので要チェック。

③ポイントサイト経由でもっとお得に

ポイントサイトとは、特定のサイトを経由して購入・契約することで利用者がポイントをもらえるサイトのこと。例えばJALの「JALマイレージモール」、三井住友カードの「ポイントUPモール」などを通じてネットショッピングすると、還元率が2~20倍にまで大幅アップします。

陸マイラーになってオトクに旅行に行こう!

ANAマイルが貯まるおすすめのクレジットカードは以下の5枚です。

  • JCB ANAカード ZERO
  • ソラチカカード
  • ANA VISA Suicaカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • ソラチカゴールドカード

また、JALマイルが貯まるおすすめのクレジットカードは以下の3枚です。

  • JALカードSuica
  • JALカード 普通カード
  • リクルートカード

自分にぴったりのクレジットカードは見つかりましたか?日々の生活で効率的にマイルを貯めてみてくださいね!

クレカ+編集部

クレカ+編集部