プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
ANAアメックスゴールド4つの特典&メリット徹底解説!審査についても説明
ゴールドカード

ANAアメックスゴールド4つの特典&メリット徹底解説!審査についても説明

ANAアメックスゴールドはANAでお得にマイルをたくさん貯めたい人におすすめ。入会・利用・継続でポイント大量ゲット。空港ラウンジ利用や手厚い海外旅行保険、安心サービスもついてきます。ANAアメックススーパーフライヤーズゴールドカードへの切り替えまで徹底解説!

ANAアメックスゴールドは旅行好きANAマイラーにおすすめ

ana_ANAアメックスゴールド

ANAアメックスゴールドは、ANAとAMERICAN EXPRESSが提携したゴールドカードです。ANA便の利用でマイルをたくさん貯めたい方におすすめしたいカードです。

簡単に特徴をまとめると、

  • 毎年2,000ポイントをもらえる
  • マイル移行の手数料0&交換レート100%
  • 海外旅行保険や空港ラウンジなど旅行関連特典が充実
  • 審査はそれほど厳しすぎない
  • 年会費は高め

ANAとアメックス両方の特典を受けられるのがメリットですが、「ANAマイルを貯めたいだけ」または「マイルは貯めたいけど頻繁には旅行しない」といった方にはあまりおすすめできません。ゴールドカードでマイルを効率よく利用したい方にイチオシのカードです。

ANAアメックスゴールドはポイントを貯めると、さらに特典の高いANAアメックススーパーフライヤーズゴールドカードへの切り替えも可能です。

ANA アメックスゴールド 公式サイト

arrow

毎年2000ポイントの特典をANAアメックスゴールドでゲット

まずはANAアメックスゴールドの基本情報を確認しましょう。

ANAアメックスゴールド 基本情報
カードの種類 ゴールド
年会費 34,100円(家族カード17,050円)
貯まるポイント メンバーシップリワードポイント・
ANAマイル
ポイント還元率 1%
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
主なサービス ・スマートフォン・プロテクション
・国内外29空港のラウンジ無料
・手荷物宅配サービス
・海外旅行傷害保険最高1億円
ポイントアップ ・入会で2000マイル
・ANAグループでの利用で2倍
・継続ごとに毎年2000ポイント
申し込み条件 20歳以上

ここからは、審査や入会、特典について具体的に紹介していきます。

ANAアメックスゴールドは20代前半でも審査が通る・入会で2000ポイント

free_審査

ANAアメックスゴールドには審査がありますが、20代から手に入れられるカードです。

ANAアメックスゴールドの審査

ANAアメックスゴールドの申込条件は、20歳以上で定職のある人となっています。そのため、学生やパート・アルバイトには厳しいカードです。主婦の方は職業欄で選べるので世帯収入を入力すると審査対象に。

審査は3日~2週間。勤続年数短いと落とされる可能性がありますが、25歳や30歳が基準のものが多いなか、20代前半でも持てるゴールドカードといえます。

ANAアメックスゴールド最大メリット!ポイントはマイルにすべし

free_飛行機

ANAアメックスゴールドで貯めたポイントはマイル移行するのがおすすめです。手数料がかからずそのまま交換できます。

ANAグループでポイントを貯めよう

ANAアメックスゴールドでは100円=1ポイント=1マイルになります。ANAグループ便利用で通常のフライトマイルに加えて区間ごとの割り増し25%のボーナスマイルも。さらに、ANAグループでの利用でポイント2倍。

  • 「ANAカードマイルプラス」加盟店での利用で100円=1マイル
  • 「ANAグルメマイル」参加店での利用で100円=最大2マイル
  • カード付帯のEdyによるお支払いで200円=1マイル

ポイントはマイルにしよう

ANAアメックスゴールドで貯められるポイントは手数料なしでマイルへ交換可能。他にも商品券やアイテムと交換できますが、レートは1ポイント=0.5∼1円と低いため、ポイントはマイルにするのがおすすめ。

3000ポイント交換例
  • ANAマイル3000マイル

  • ヨドバシカメラ1000円分商品券

  • 高島屋1000円分商品券

  • モスバーガー1000円分

オンラインショッピングでAmerican Express SafeKeyの参加加盟店での支払いにも使えます。
ポイントの有効期限はありませんが、マイルは移行後36ヶ月の月末までなので注意しましょう。

ANA アメックスゴールド 公式サイト

arrow

空港ラウンジ利用と充実の安心サービスをANAアメックスゴールドで

free_南国

ANAアメックスゴールドには旅行で使えるサービスがたくさん。空港ラウンジ利用や手荷物宅配無料は旅行好きには嬉しいですね!安心サービスで突然の事故もフォローしてもらえます。

ANAアメックスゴールドで使える旅行特典

ANAアメックスゴールドで受けられる特典は以下の通りです。

  • 空港ラウンジ国内外29カ所利用可能
  • 空港内店舗「ANA FESTA」で5%オフ
  • 国内線・国際線の機内販売が10%オフ
  • ANAオンラインショップ「A-style」で5%オフ
  • 海外旅行時の空港から自宅までの手荷物無料宅配
  • 海外旅行傷害保険最高1億円
  • 空港パーキング
  • 空港クロークサービス
  • エアポート送迎サービス

ANAアメックスゴールドの安心サービス

アメックス提供の充実したサービスが受けられるのは大きなメリット。旅行中の急なトラブルも安心ですね。

スマートフォン・プロテクション

旅行中にスマホ破損した場合の補償として最大3万円。

キャンセル・プロテクション

急な出張や病気・入院などで旅行やコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などを年間最高10万円まで補償されます。

ショッピング・プロテクション

国内外問わず破損・盗難などの損害を、購入日から90日間、年間最高500万円まで補償してくれます。

ANAアメックスゴールドの3つのデメリット

free_クレジットカード

ANAアメックスゴールドのデメリットは3つ挙げられます。

  1. 年会費が高い
  2. マイル交換以外はお得じゃない
  3. 海外空港ラウンジはハワイのみ

順番に説明していきます。

①年会費が高い

ANAアメックスゴールドは年会費が34,100円と高めで、家族カードにも17,050円かかるのが難点。ANAとアメリカンエキスプレス双方の特典が使えるというメリットはありますが、ANAカードの機能のみ使いたい方には、次に紹介するANAワイドゴールドカードがおすすめです。

②マイル交換以外はお得じゃない

ANAアメックスゴールドのポイントは、ポイント紹介でお伝えした通り、商品券やアイテムにも交換できますがお得度が下がります。手数料がかからず100%で交換できるマイルがおすすめです。ANAマイルを貯めていない人には向いていないカードと言えます。

③海外空港ラウンジはハワイのみ

ANAアメックスゴールドには29カ所の空港ラウンジサービスが利用できますが、海外空港ラウンジに限るとハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のみ。ラウンジを増やすにはプラチナ会員以上になるのがおすすめです。

厳選3カードをANAアメックスゴールドと比較

ここでは、ANAアメックスゴールドと3つのANAカードを比較します。

  • ANAアメックスカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)
  • ANAワイドゴールド

ひとつずつ特徴を見ながらおすすめポイントを紹介していきます。

ANAアメックスカード

ana_ANAアメックス

ANAアメックスカードは年会費7,700円(家族カード2,750円)。しかしポイントをマイルと交換するために必須となる「ポイント移行コース」に年間6,600円かかります。入会&継続で1,000マイルが付与され、空港ラウンジや手荷物無料宅配の優待あり。

ANAアメックスゴールドのインビテーション(切り替えの招待状)が届くことがありますが、切り替えだと入会特典はつかないので注意が必要です。

ANA アメックスカード 公式サイト

arrow

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)

ana_ANAToMeCARD PASMO JCB GOLD(ANAソラチカゴールド)

ソラチカゴールドはマイルをメトロでも貯めたい人におすすめ。ゴールドカードですが年会費が15,400円なのも嬉しいポイントです。最高1億円の海外旅行傷害保険や最高5,000万円の国内空港傷害保険もついてきます。

メトロに乗車するだけで平日は20ポイント、休日は40ポイントゲット。貯めたメトロポイントは90%のレートでANAマイルに交換可能です。

ソラチカゴールドカード 公式サイト

arrow

ANAワイドゴールド

ana_ANAワイドゴールド

ANAワイドゴールドカードなら、年会費を15,400円に抑えつつ、ANAアメックスゴールドと似た特典をゲット。VISA、JCB、Mastercardから選べて、入会・継続で毎年2,000マイルがもらえます。

25%のフライトボーナスマイルや空港ラウンジ利用はANAアメックスゴールドと変わらず。海外国内旅行保険も最大5,000円と手厚く補償してくれます。

ANAワイドゴールドカード 公式サイト

arrow

ANAアメックス スーパーフライヤーズゴールドカードでステータスを維持できる

ana_ANAアメックスSFCゴールドカード

ANAアメックスゴールドから条件を満たすと、無料で切り替え可能なANAアメックススーパーフライヤーズゴールドカード。

一度スーパーフライヤーズカードを持てれば、年会費を払うだけでプレミアムメンバーのステータスを維持できるのが大きな魅力です。主な特典を紹介します。

  • 通常のフライトマイルに加えて40%のボーナスマイル
  • 毎年、継続ボーナスマイル2,000ポイントと特別ボーナスマイル2,000ポイントゲット
  • 海外旅行傷害保険1億円・国内旅行傷害保険5,000万円
  • ANAグループでの利用なら100円=2ポイント=2マイル
  • 国内線の先行予約、国際線特典航空券の優先予約
  • 専用チェックインカウンター
  • 手荷物受取優先
  • オーバーシーズ・アシスト

オーバーシーズ・アシストとは 24時間365日日本語対応の電話サービスです。航空券やホテルの予約、緊急時の病院手配や通訳を受けられます。年会費34,100円、家族会員17,050円はANAアメックスゴールドと変わりませんが、受けられる特典やボーナスマイルが多くなります。

目指せプラチナ会員!ANAアメックス スーパーフライヤーズゴールドカードへの切り替え

ANAステータス_画像

ANAアメックスゴールドからANAアメックススーパーフライヤーズゴールドカードに切り替えるためには、ステータスをプラチナ以上にしなければなりません。プラチナ会員を目指してプレミアムポイントを貯めましょう。

プレミアムポイントを貯めよう

プレミアムポイントとは、レミアムメンバーの認定を目的として毎年1月~12月の1年間に登録されるポイント。マイルとは異なります。プラチナ会員は年間50,000ポイント以上、ダイヤモンド会員は100,000ポイント以上が条件です。

ANAアメックス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カードを目指そう

ANAアメックススーパーフライヤーズゴールドカードの条件であるプラチナ会員になるためには、具体的にどのようにプレミアムポイントを貯めればよいのでしょうか?

ANA会員ステータスプレミアムポイント_画像

例えば、羽田から那覇へ行くと仮定しましょう。 区間基本マイレージ984マイルにクラス積算率100%として、2倍の国内線路線倍率をかけます。さらに搭乗ポイント400ポイントを足して、2,368ポイントのプレミアムポイントがゲット可能。

つまり 50000ポイント貯めるには22回のフライトが必要です。月1回の旅行などで貯めるのがおすすめ。

注意点はマイルで交換した特典航空券でのフライトではプレミアムポイントがつかないこと。また、プレミアムポイントは年間1~12月で積算され、翌年には越せません。

ANAアメックスゴールドでマイルとポイントを大量に!

ana_ANAアメックスゴールド

ANAアメックスゴールドについて紹介してきました。最後にANAアメックスゴールドの特徴を以下にまとめます。

  • 入会&利用でマイル大量ゲットのチャンス
  • ANAグループの利用でポイントアップ
  • 旅行に関連した特典やサービスが充実
  • ANAアメックススーパーフライヤーズゴールドカードに切り替えるなら目指せプラチナ会員

ANAアメックスゴールドでマイルを貯めて旅行をお得に楽しみましょう!

ANA アメックスゴールド 公式サイト

arrow
クレカ+編集部

クレカ+編集部