プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
アメックスグリーンはコスパの良いステータスカード!審査基準・メリット解説
一般カード

アメックスグリーンはコスパの良いステータスカード!審査基準・メリット解説

アメックスグリーン(American Express Card)に入会して、ステータスカードを持ちたいという方も多いのでは?この記事では、アメックスグリーンのメリット・デメリット・限度額・審査基準・ゴールドとの違いを紹介しています。

アメックスグリーンはコスパの良いステータスカード

amex_アメリカンエキスプレスカード
アメリカン・エキスプレス
・カード
基本情報
カードの種類 一般
年会費 13,200円(税込)
貯まるポイント メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 1.00%
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
限度額 一律の制限なし
申し込み条件 20歳以上

アメックスグリーンは、アメックスブランドカードの中の1つ。ゴールドやプラチナカードに比べると年会費も安く審査難易度も低いため、アメックスブランドが初めての方におすすめのカードです。

アメックスグリーン最大の魅力はずばり、高いステータス性。旅行時における特典が多く、サポートも手厚いため飛行機をよく利用する方にも嬉しい1枚です。

アメックスグリーンの申し込みはこちらから

アメックスグリーン

arrow

アメックスグリーン3つのメリット

free_3つ

まずは、アメックスグリーンならではのメリットを3つ紹介します。

  1. コスパのいいステータスカード
  2. 空港ラウンジ利用可能など旅行時の特典が豊富
  3. 海外旅行保険付帯

①コスパのいいステータスカード

一般的に「ステータスカード」はゴールドカードやプラチナカードをさす場合が多く、一般カードはステータスカードと呼ばれません。しかし、歴史あるアメックスブランドは国内外問わず知名度が高いため、一般カードであるアメックスグリーンもステータスカードと同様に扱われています。

年会費20,000円を超えるステータスカードが多い中で、アメックスグリーンの年会費は13,200円。

年会費を抑えながらもステータスカードが所有でき、ステータスカード並の豊富なサービスを受けられるアメックスグリーンは、コスパのいいステータスカードと言えますね。

②空港ラウンジ利用可能など旅行時の特典が豊富

アメックスグリーンでは、旅行時に主に以下の7つの特典を受けられます。

  1. カード会員専用旅行サイト利用可能
  2. 電話1本で国内外の旅行手配可能
  3. 空港ラウンジ 会員+同伴者1名まで無料で利用可能
  4. プライオリティ・パスで空港VIPラウンジを1回32米ドルで利用可能(同伴者も同様)
  5. 海外旅行往復時スーツケース1個無料配送(自宅〜空港間のみ)
  6. 海外でも24時間電話サポート無料(=グローバルホットライン)
  7. 海外用携帯電話割引サービス

旅行に特化したサービスが充実しているので、旅行の計画から家に帰るまでいつでも安心ですね。

③海外旅行保険付帯

国際航空券のチケットやパッケージ・ツアーなどの代金をアメックスグリーンで支払った場合、最高5,000万円までの海外旅行障害保険が付帯されます。もしもの時も、アメックスグリーンを使っていれば安心です。

アメックスグリーンの申し込みはこちらから

アメックスグリーン

arrow

アメックスグリーンのデメリット 

free_注意点_ポイント

次に、アメックスグリーンのデメリットを2つ紹介します。

  1. 一般カードにしては年会費が高い
  2. ポイント還元率が低い

①一般カードにしては年会費が高い

アメックスグリーンではステータスカード並のサービスを受けられますが、分類上は一般カードです。年会費が13,200円と一般カードにしては高めに設定されているため、アメックスグリーンのサービスに魅力を感じない方にはおすすめできません。

②ポイント還元率が低い

アメックスグリーンのポイント実質還元率は、0.3%とかなり低めに設定されています。ただし、メンバーシップ・リワード・プラスに年間3,300円の参加費を支払い入会することで、実質還元率を0.5~1.0%にアップできます。

「アメックスグリーンを持ちたいけど、ポイント還元率の低さが気になる…」という方は、ポイント高還元なANAマイルに移行するのがおすすめ。ただし、ポイントをANAマイルに交換するには、さらにメンバーシップ・リワードANAコース(年間参加費5,500円)が必要です。

追加料金さえ支払えばポイント還元率を上げることはできますが、追加料金も安くないのがネックですね。

アメックスグリーンの年会費・審査難易度

free_審査

アメックスグリーンの年会費は13,200円(税込)です。アメックスグリーンの審査基準は明示されていないため、既存の口コミや申し込みフォームから審査基準を推測すると、以下の5点を満たす必要があることが分かります。

  1. 20才以上であること
  2. 安定した収入があること
  3. 職業(主婦・主夫・年金受給者・契約社員を含む)についていること(学生、アルバイトは不可)
  4. 日本在住であること
  5. クレジットヒストリーの利用履歴に問題がないこと

アメックスグリーンの審査はアメックスゴールドやプラチナよりも甘めですが、学生やパートでは審査を通過することはできず年収が重視されることが特徴です。

アメックスグリーン&ゴールド比較

amex_gold_カード画像

それでは、1つランクが上のアメックスゴールドとアメックスグリーンを比較してみましょう。

アメックスグリーンとアメックスゴールドの違いは主に年会費・旅行障害保険最高額・旅行時の電話サービス・エンタメ&ショッピング特典の量の4つで、ポイント還元率は変わりません。

- グリーン ゴールド
年会費 13,200円 31,900円
旅行障害保険最高額 5,000万円 1億円
旅行時の電話サービス グローバル・
ホットライン
オーバーシーズ・
アシスト
エンタメ&ショッピング
特典

ここでは、「旅行時の電話サービス」・「エンタメ&ショッピング特典」について詳しく解説していきます。

旅行時の電話サービス

「オーバシーズ・アシスト」「グローバル・ホットライン」は、アメックス会員のみが利用できる海外サポートサービスです。

レストランの予約から海外旅行傷害保険の問い合わせ、医療機関の紹介まで日本語で24時間電話対応してもらえるので、海外旅行中の強い味方になってくれます。

更にアメックス・ゴールドの「オーバーシーズ・アシスト」には、緊急時の医療サービス、リーガルアシストサービスまで手厚く付帯します。

エンタメ&ショッピング特典一覧

アメックス・ゴールドではアメックス・グリーンの「エンタメ&ショッピング特典」に加えて「ゴールド・ダイニング by 招待日和」・「American Express Invitesレストラン優待」・「ゴールド・ワインクラブ」・「京都観光ラウンジ」以上4つの特典が追加されています。

グリーン ゴールド
・新国立劇場
・チケット・アクセス
・国立劇場
・チケット・アクセス
・ゴールド・ダイニングby招待日和
・American Express Invites
  レストラン優待
・ゴールド・ワインクラブ
・京都観光ラウンジ

アメックスゴールドの申し込みはこちらから

アメックスゴールド

arrow

はじめてのステータスカードにアメックスグリーン

free_地図

アメックスグリーンは、以下のような方におすすめです。

  1. アメックスカードを初めて持つ人
  2. 手軽にステータスカードを持ちたい人
  3. 飛行機をよく利用する人

ぜひ、お得に利用してみて下さいね。

アメックスグリーン

arrow
クレカ+編集部

クレカ+編集部