プロがおすすめの
クレジットカードを
紹介する専門メディア
search
イオンカードの締め日は10日・引き落とし日は2日!引き落とされない原因を解説
おすすめクレジットカード比較

イオンカードの締め日は10日・引き落とし日は2日!引き落とされない原因を解説

イオンカードは他のカードに比べて、締め日や引き落とし日が分かりにくいですよね。この記事では、締め日と引き落とし日とその確認方法をご紹介。さらに、引き落とされない原因とその対処法についても解説しているので、参考にしてみてくださいね。

イオンカードとは 

aeon_イオンカード

イオンカードは、イオン系列店舗での決済はもちろん、他にも様々な場面でポイントが貯まるお得なカードです。

イオン系列店舗での決済ではポイントが通常の2倍貯まり、毎月20日と30日に利用するとショッピングの代金が5%オフになります。

イオン系店舗以外のお店でも、毎月10日にはポイントが通常の2倍貯まります。

また、各種公共料金の支払いやオートチャージの利用でもポイントを貯めることができます。

年会費 国際ブランド 貯まるポイント
無料 VISA、MasterCard、JCB ときめきポイント、WAON POINT

イオンカードの締め日・引き落とし日(支払日)

free_数字

イオンカードの締め日と引き落とし日は、次のようになっています。

締め日 引き落とし日
毎月10日 翌月2日

締め日は毎月10日

イオンカードの利用料金はショッピング・キャッシングともに毎月10日が締め日となり、1ヵ月ごとに請求されます。

締め日は土日祝といったカレンダーの休日にかかわらず、毎月10日と決まっています。

明細の確認方法

請求金額は毎月18~20日に更新されます。

イオンカードの明細は、イオンウォレットにアプリまたはサイトでログインすると、web上で確認することができます。また、自動音声サービスや明細書の郵送によっても確認可能です。

引き落とし日は締め日の翌月2日

イオンカードの引き落とし日は締め日の翌月2日です。指定した銀行口座から、締め日に決定された1ヵ月分の利用料金が引き落とされます。

2日が土日祝のときは翌営業日が引き落とし日になります。毎月の引き落とし日は変更できません。

締め日と引き落とし日は、イオンカードの公式サイト「暮らしのマネーサイト」のよくあるご質問から確認できます。

イオンカードの利用額が正しく引き落とされない原因

free_財布

イオンカードの利用額が正しく引き落とされない原因には、次のことが挙げられます。

  1. 口座の残金が不足している
  2. 振込口座の登録が完了していない
  3. 請求処理のタイムラグで請求月がズレた

①口座の残金が不足している

口座の残金が不足していると、クレジットカードの引き落としが行われません。

締め日が来たら、口座の残金が足りているかどうか早めに確認しておきましょう。

②振込口座の登録が完了していない

口座の設定にミスがあると正しく引き落とされません。いま一度口座番号などに間違いがないか確認しましょう。

③請求処理のタイムラグで請求月がズレた

利用した加盟店からクレジットカード会社へ請求処理が行われる際に、請求処理に時間がかかる場合があります。

請求処理に時間がかかると、本来なら翌月に請求されるところが、締め日に間に合わず、翌々月の請求になることもあります。

イオンカードから引き落とされないときの対処法

free_クレジットカード

クレジットカードの支払いを滞納した場合は、滞納期間ごとに対処法が異なります。

滞納期間ごとに見ていきましょう。

①滞納してしまった場合の対処法

クレジットカードの支払いを滞納してしまったときは、銀行振り込みで支払います。

振込口座は暮らしのマネーサイトにログインして確認するか、自動音声サービスで確認しましょう。

引き落とし口座がイオン銀行の場合は、毎月3日~5日に再引き落としが行われるので、再度引き落としに間に合えば振込をする必要はありません。
それまでにイオン銀行口座に準備しましょう。

1週間以上滞納すると、カード会社から通知が来ます。以下のようにカード会社の対応は進んでいきます。

期間 カード会社の対応
一週間~ 振込依頼書が郵送されてきます。
支払期限の翌日~ 引き落とし日の翌日から遅延損害金が発生します。
一、二か月後 クレジットカードが解約されてブラックリストに掲載されます。
三か月~ 裁判所により財産が差し押さえられます。

【一週間~】振込依頼書が郵送されてくる

引き落とし日から1週間がたつと、振込依頼書が郵送されてきます。振込依頼書に記載されている口座に振り込みをしましょう。

【支払期限の翌日~】遅延損害金が発生

振込依頼書に記載されている支払期限までに振り込みをしないと、翌日から遅延損害金が発生します。遅延損害金はキャッシングの場合とカードショッピングの場合では異なります。

  • キャッシング:年率14.6%
  • カードショッピング:年率20%

例えばキャッシングで2万円を30日滞納した場合は、遅延損害金は

2万円×0.146×30/365=240円になります。

遅延損害金は滞納期間が長くなればなるほど高くなるので、できるだけ早く振り込みをしましょう。

【一、二か月後】クレジットカードが解約されてブラックリスト入りに...

滞納して2か月が経過すると、クレジットカードが解約されます。このときイオンカードで貯めたポイントはすべて無効になってしまいます。

また、ブラックリストに5年ほどの間掲載されます。
ブラックリストに掲載されている間は、新しくクレジットカードを発行したり、キャッシングを利用したりすることができなくなります。

【三か月~】最終的に財産を差し押さえられる 

返済ができず裁判にまで発生すると、裁判所の強制執行により財産を差し押さえられます。

真っ先に差し押さえられるのは給料で、会社にも知られてしまいます。

強制執行によって差し押さえをされると、家族や会社からの信頼を失い、生活が急変してしまうことも少なくありません。最悪の場合は自己破産をすることになります。

②イオンクレジットサービスに必ず連絡

指定口座から引き落とされないかったり、入金をうっかり忘れていたりした場合は、すぐに連絡することが大切です。引き落とし日に引き落としが間に合わないと、翌日から延滞損害金が発生します。

支払いが1か月以上遅れると、ブラックリストに掲載されたり、クレジットカードの契約が強制解約になる可能性があります。

余裕をもって入金しておこう

クレジットカードの支払いを滞納すると、生活が一変するリスクがあります。引き落とし口座には早めに入金しておきましょう。

また、リボ払いを繰り返していると、支払い金額が思いのほか高くなることもあります。リボ払いは最低限にとどめて、明細をしっかりと確認するようにしましょう。

クレカ+編集部

クレカ+編集部